運動会当日の保育士さんのあられのない姿

どこの幼稚園、保育園でも同じかもしれませんが、幼稚園保育園の運動会はその運動場の狭さ故に、特等席で子供を見る事がなかなか叶いません。その為、かなり早朝から園に赴き場所取りをしなければ、最終列で見る事を強いられてしまうのです。
息子の幼稚園も例外ではなく、私は場所取りの為何と朝の5時半くらいに幼稚園に赴き場所取りを行ったのです。しかし園に到着してみれば、既に私より先に4組程場所取りが行われており、その執念が垣間見えた気がしました。
この場所取りに伴い、毎年運動会の当日だけは早朝から園が解放されているのですが、そうなると園の何処かに保育士さんが居る筈です。しかし、少なくとも私の周りでは運動会の場所取りの歳に、保育士さんにお会いした事がないという方ばかりだったのです。
解放してあるという事は、保護者以外の者が侵入する可能性があり、それを監視する必要があります。よって、姿を見せないのはおかしな話だと言えるのです。それにより、保護者からは常時姿を見せておくべきであるという意見が昨年も寄せられていたのです。
今年も姿を見せないのかな、と思っていたらお会いしました。ばったりと。若い保育士さんがそこに居たのですが、まとまっていない髪、半化粧の眠そうな顔、よれたトレーナーとサンダル・・・そのあられのない姿に私は唖然としました。完全に「寝起き」の状態だったのです。
私に気が付いた保育士さんは、私を見て数秒固まったものの、その後大慌てで「あ、いや、すみません!こんな格好で!すみません!」と大謝り。まあ、早朝という事である程度同情する部分はあるものの、子供を通わせている園の職員として、ある程度節度を持ってもらいたいと思ったのが本音です。
私に謝罪し、足早に職員室へ戻る保育士さん。私はここでひとつの事に気付いたのです。それは、どうやら「姿を見せない」のではなく、「姿を見せられない」んだという事です。この日、運動会が始まった後にもその保育士さんとお会いして少しお話を伺ったのですが、私の予想通り、とてもじゃないけど姿を見せられない、との事だったのです。
思わず私はため息。それならそれで、もう少し早起きして準備を行うべきなのです。昨年は「姿を見せない」という意見が寄せられた模様でしたが、今年は「姿を見せられるように」と意見させていただきました。正直なところ、くだらない内容と言えるものなので、来年はしっかりと改善に努めて欲しいと思っています。